LIFELOG

40代のダイエッターでプチミニマリストの雑記ブログです。ご訪問いただきありがとうございます。

唐戸市場の週末限定飲食イベント 活きいき場関街(ばかんがい)に行ってきました

下関市地方卸売市場唐戸市場

秋の晴天が心地よかったので週末にドライブがてら 下関の唐戸市場で週末に開催されている「活きいき場関街(ばかんがい)」に行ってきました。

唐戸市場は、「関門の台所」と言われていて、ふぐの市場としてはもちろんですが、タイやハマチでも有名な市場です。

そして人気なのは、毎週末と祝日に開催されている 活きいき場関街(ばかんがい)。

活きいき場関街では、飲食イベントとして旬の魚をリーズナブルな価格で提供していたり、多数の海鮮屋台が出店していて、おいしそうな握り寿司や海鮮丼、焼き牡蠣や汁物やふぐのから揚げなど、出来立ての魚料理が楽しめるようになっています。

下関に行ったら絶対に立ち寄ってほしい観光名所です。

唐戸市場の 活きいき場関街(ばかんがい)で握り寿司を物色

唐戸市場の 活きいき場関街に土曜日の12時過ぎに行ったのですが、こんなにお天気がいいとみんな考えることは同じなのか、すごい人が多かったです。

唐戸市場にも大きな駐車場があるのですが、そこは渋滞していて全く入れそうになかったので、少し離れた市営駐車場に車を止めました。

ピークの時間帯に行くときには、駐車場をチェックしておく方がよそさそうです。

さて、市場につくとすごく人がたくさんいて賑わっていました。

そして、海鮮屋台にはおいしそうなお寿司がたくさん並んでいます。

唐戸市場の海鮮屋台

すごく分厚く切られた大トロに、高級魚のクエ、あふれるウニにこぼれるいくら、なんて魅力的なネーミングなのでしょう。

まぐろ問屋 有限会社 仁井田商店さん

唐戸市場の海鮮屋台

他のお店も覗いてみると、まぐろ専門店でも食べられるかどうかわからない本マグロの脳天がなんと300円。

その左隣には、くじらさえずりが200円。

「くじらのさえずりってなんですか?」と思って調べてみるとクジラの舌だそうです。こんなのはじめて見ました。

そして、くじらのさえずりの奥に並べられていたのがなんととらふぐ200円、そして左隣が高級魚のクエ、なんと400円。

高級店で食べたら1貫1,000円以上しそうな握り寿司がこんなにもリーズナブルに。

唐戸市場楽しい ♪

唐戸市場で握り寿司を買ったら、外でいただきます

唐戸市場の活きいき場関街(ばかんがい)でお寿司と焼き牡蠣を購入したので早速いただいてみようと思います。

唐戸市場海岸沿い

唐戸市場はすぐに関門海峡になっていて、海岸沿いにみんな座って市場で購入したものを食べています。

唐戸市場海岸沿い

関門大橋が見える景色のいい場所で、お天気がいいのでとても気持ちいいです。

見渡す限り人で埋まっている海岸沿い。観光客の方も多かったようで、他国の言葉がチラホラ聞こえました。

それから、ドリンクは自動販売機があったので自動販売機で購入しました。

唐戸市場の握り寿司を食べてみた感想

唐戸市場の握り寿司

欲張りすぎて頼みすぎてしまいました。ちょっと窮屈そうになっています。

本マグロ

これは奮発して本マグロ。

写真の画像は一切加工なしですが、この艶やかさとこの色合い。

久しぶりに本マグロをいただきました。甘味があって滑らかで予想通りの美味しさです。

赤貝

そしてわたしの大好きな赤貝。 赤貝の旬はもう少し寒くなってからですが、赤貝おいしいですよね。

旦那さんは高級魚のクエをいただいていました。わたしもクエを頼めばよかった。。。

焼き牡蠣

そして、大きな焼き牡蠣。ぷりぷりしていて口の中に入れると磯の香りと幸せが♪

関門海峡

船が通るのを見ながら、のんびりとした時間を過ごさせていただきました。

番外編

しものせきのマンホール

駐車場に歩いて向かっているとふと気づいたのが、マンホールが全部ふぐなの。かわいい♪

唐戸市場の場所

唐戸市場
住所 〒750-0005 山口県下関市唐戸町
TEL 083-231-0001
公式サイト: https://www.karatoichiba.com/

週末限定飲食イベント 活きいき馬関街営業時間
金曜日・土曜日/午前10時~午後3時
日曜日・祝日/午前8時~午後3時
※開催店舗及び終了時間はネタの仕入れ状況によって異なるそうです。